投資を始めたいけれども、投資対象となる金融商品は多すぎて、何から始めればよいのかわからないという方が多くいらっしゃるかもしれません。私は、投資初心者の方にこそ、くりっく株365での投資をおすすめしたいと思います。その理由について、ご説明していきたいと思います。

そもそも「くりっく株365」とは何かというところからスタートしましょう。くりっく株365とは、日本で初めての公的な取引所による株価指数証拠金取引のことです。では、株価指数証拠金取引とは何でしょうか。株価指数証拠金取引で取引するのは、ある市場における複数の株価を、平均やその他の計算式にあてはめて算出した数値です。取引対象が株価指数であるというのも、初心者の方におすすめな理由のひとつですよ。というのも、ご説明したように株価指数というのは株価をまとめて計算したものですから、市場の景気を反映しています。景気が良ければ上がるし、悪ければ下がるという風に、大まかにわかっていれば理解できるのが株価指数です。ひとつひとつの銘柄をチェックしなくてもなんとかなるので、初心者の方におすすめだといえるでしょう。

また、くりっく株365で取引できる株価指数証拠金取引というのは、差金決済という方法が採られています。これは、売買を完結させたときの差額(=差金)のみを授受(=決済)するということです。つまり、100万円分の取引をしたとしても、最初に100万円を払う必要はなく、それが101万円になったときに売れば1万円の利益になりますから、その時点で1万円をもらえるということです。損失が出てしまったときも同様に、差額分だけを支払えば良いのです。ポイントはなにかというと、上の例でいえば最初に100万円分の支払いが発生しないので、投資に回せる資金が少なくてもスタートすることができます。さらに、証拠金と呼ばれる担保を差し入れることで、倍率をかけた取引をすることができますので、早くお金を殖やしたい方にも好まれていますよ。

NYダウ平均株価取引で資産運用したいと思っている方は多いのではないでしょうか。NYダウ平均株価というのは、「ダウ平均」や「ダウ工業株30種」とも呼ばれます。「ダウ」とは何かというと、世界的なビジネス紙である「ウォールストリート・ジャーナル」の発行元である「ダウ・ジョーンズ」と「スタンダード&プアーズ」の合併会社である「S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズ」社のことです。この会社が算出・公表しているアメリカ合衆国(米国)の代表的な株価指数なので「ダウ平均株価指数」と呼ばれるのです。アメリカ合衆国を代表する優良30銘柄を選出し、指数化しています。マイクロソフトやナイキ、アップル、ビザ、マクドナルドなどが含まれており、世界的にも有名な会社が選ばれていることがよくわかりますね。

このように大きな会社の株価を平均化したものですから、NYダウ平均株価はアメリカ経済、そして世界経済の動向と連動しやすいといえるでしょう。そこで、投資初心者の方にも値動きが理解しやすく、また、予測もしやすいのです。それから、平均株価という仕組みそのものが、倒産リスクの少ない仕組みであるというメリットがあります。30銘柄全部が一度に倒産するということはまずありませんから、投資している株価指数が水の泡になるということもまずありえないわけですね。

さて、このように人気のNYダウ平均株価指数取引ですが、入門情報を少しだけまとめておきたいと思います。NYダウの値動きは、基本的にはドル安に向かうと上昇し、ドル高に向かうと下落するという傾向があるように思います。それから、ユーロの値動きとも密接に関連しています。特に、ニューヨーク市場はロンドン市場の後半とマーケットが開いている時間が重なってくるので、直前のロンドン市場の値動きには注意しておいた方が良いでしょう。NYダウ平均株価指数取引は、慣れれば利益をしっかり狙える商品だと思います。まずはしっかり値動きを分析するところから始めませんか。

資産運用をしたいと思っている方は多いと思いますが、銀行に預けるか保険金にするかのどちらかであるという方が多いのではないでしょうか。日本人はどうしてもリスクを回避したがる傾向にありますから、元本割れの可能性のある資産運用にはなかなか手が出せないと思う方が多いのですね。ですが、上手に資産運用していくことがかなえば、銀行への預金や保険よりも、ずっと良い年利でお金を殖やしていくことがかなうのも、資産運用です。お金がないから資産運用できないのではなく、資産運用をすることでお金を作っていくという考え方をしてみませんか。

少ない資金から資産運用する方法としては、CFDがおすすめです。CFDとはcontract for difference、すなわち「差金決済」の頭文字をとったものです。どういう仕組みかというと、ある商品を、「あとで売ることを前提として買う」あるいは「あとで買い戻すことを前提として空売りする」ことを契約し、最終的に売買のワンセットが完了した時点で、そこに発生した差額分のみを授受するというものです。これの何が良いのかご説明しましょう。

たとえば、100万円の高額なものを仕入れて110万円で売るというお商売をしたいと思ったら、最低限いくら必要ですか?仕入れ値である100万円が必要になりますよね。でも、CFDなら最初に仕入れるときにお金を払う必要がないのです。100万円のものを「あとで売る」という約束のもとで買い、実際110万円で売ることができれば10万円もらえます。90万円でしか売れなければ10万円払います。どうですか?CFDなら少ない資金から投資が始められるというのがイメージできたかと思います。

さらに、証拠金(=担保)を口座に入れておくことにより、これらの損益に倍率をかけることも可能です。損が出たときに生活費が圧迫されるようでは困りますが、余剰資金の中でリスクも計算に入れたなかで上手に資産運用してみませんか。

NYダウに投資をしてみたいと考えている投資初心者のみなさんはいらっしゃいますか?
海外の株価指数ということもありなかなかハードルが高いイメージもあるかもしれません。

そんな時にぜひおすすめしたいのが、『くりっく株365』です。
くりっく株365とは、日本で初めての公的な取引所による株価指数証拠金取引となります。
株価指数というのは、NYダウはもちろんのこと、日本ならば日経平均株価や東証株価指数などがあり、テレビニュースで耳にしたことがある方も多いでしょう。
くりっく株365の場合、対象となる株価指数は
・日経平均株価
・DAX指数(ドイツ)
・FTSE100指数(イギリス)
・NYダウ指数(アメリカ)
です。
特にNYダウに関してはこれまでに取引対象とはなっておらず、要望が非常に多かったのだそう。
それを受けて2016年6月27日より上場が開始となりますので、多くのくりっく株365トレーダーは今か今かと心待ちにしています。

これから本格的にNYダウをくりっく株365で取引してみようというのであれば、間違いなく基礎知識は持っておいたほうが無難です。
専門知識が他の投資商品と比べてそれほど必要としないくりっく株365ではありますが、やはり豊富な情報量は有利な投資を進めていくために必要不可欠と言えるでしょう。

そこでご紹介しますのは、『NYダウ-MAGAZINE.com』という投資サイトです。
くりっく株365でNYダウを取引する!」という方に間違いなく役立つ情報がたくさん記載されていますので、隅から隅までサイトのコラムに目を通してみてください。

これから本格的にNYダウに投資をしていくことができますが、くりっく株365に関しては投資初心者も投資経験者もスタートラインは同じ。
だからこそ初心者は知識でカバーし、経験者にも引けを取らない投資をしていければよいと思いました。

ご興味がある方は、ぜひ上に掲載しているサイトにアクセスして内容を確認してみてくださいね。

「CFD」という言葉を聞いたことはありますか?
FXや株式投資などに興味がある・現在投資を行っている。
このような方は、聞いたことがあるでしょう。

CFDは投資の種類ではなく、取引の方法のことです。
日本語では「差金決済取引」と言います。
通常の投資では、例えばA社の株1万円を100株買います。
すると100万円を自分の口座から支払います。
そして、1万100円に上がったときに、100株全て売ります。
ここで利益が1万円でて、自分の口座に101万円入ってきます。
CFDでは差金決済取引ですので、100万円も101万円も口座から出し入れすることはありません。
100万円と101万円の差額「1万円」のみが、口座に入ってくることとなります。

そしてレバレッジをきかせて取引できる。これもCFDの大きな特徴です。
例えばレバレッジを20倍ならば、50万円でも1000万円の取引ができます。
初心者や資本金が少ない方、分散投資を始めたい方に人気のある取引方法です。

さらに、FXや個別株への投資だけでなく、株価指数や外国株・外国株価指数。
原油や金などの商品への投資にも適用できます。
原油や金は安定した利益を得やすいと言われていますので、投資初心者の方にも向いている商品と言えるでしょう。

メリットが多いCFDですが、レバレッジがきく分損失も大きくなるので注意が必要です。
損失をできるだけ出さないためには経験・実績なども必要ですが、しっかりと相場を分析することも必要となります。
相場を分析することで、今後の相場予想も立てやすくなるでしょう。

相場の分析手法に関しては「ファンダメンタルズ分析」と「テクニカル分析」が一般的に有名でしょう。
ファンダメンタルズ分析は、政治・金融情勢や経済など相場に影響を与える要因を検証します。
これを基に、重要超過になれば相場があがる・逆になれば下がる。
このようなことから、相場の将来を予想する手法です。
対するテクニカル分析は、過去のチャートを分析し将来のチャートを予想します。
相場がこうなったらこうなる傾向が多い…
このようにチャートを分析することで、将来の予想がつきやすく売買のタイミングもとりやすくなります。

どちらにもメリット・デメリットはありますが、この2つを上手に活用すればCFDでも損失を出しにくくなるでしょう。
もちろん全てがその通りにいかない、ということも頭に入れておきましょう。