NYダウ平均株価取引で資産運用したいと思っている方は多いのではないでしょうか。NYダウ平均株価というのは、「ダウ平均」や「ダウ工業株30種」とも呼ばれます。「ダウ」とは何かというと、世界的なビジネス紙である「ウォールストリート・ジャーナル」の発行元である「ダウ・ジョーンズ」と「スタンダード&プアーズ」の合併会社である「S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズ」社のことです。この会社が算出・公表しているアメリカ合衆国(米国)の代表的な株価指数なので「ダウ平均株価指数」と呼ばれるのです。アメリカ合衆国を代表する優良30銘柄を選出し、指数化しています。マイクロソフトやナイキ、アップル、ビザ、マクドナルドなどが含まれており、世界的にも有名な会社が選ばれていることがよくわかりますね。

このように大きな会社の株価を平均化したものですから、NYダウ平均株価はアメリカ経済、そして世界経済の動向と連動しやすいといえるでしょう。そこで、投資初心者の方にも値動きが理解しやすく、また、予測もしやすいのです。それから、平均株価という仕組みそのものが、倒産リスクの少ない仕組みであるというメリットがあります。30銘柄全部が一度に倒産するということはまずありませんから、投資している株価指数が水の泡になるということもまずありえないわけですね。

さて、このように人気のNYダウ平均株価指数取引ですが、入門情報を少しだけまとめておきたいと思います。NYダウの値動きは、基本的にはドル安に向かうと上昇し、ドル高に向かうと下落するという傾向があるように思います。それから、ユーロの値動きとも密接に関連しています。特に、ニューヨーク市場はロンドン市場の後半とマーケットが開いている時間が重なってくるので、直前のロンドン市場の値動きには注意しておいた方が良いでしょう。NYダウ平均株価指数取引は、慣れれば利益をしっかり狙える商品だと思います。まずはしっかり値動きを分析するところから始めませんか。

コメントを残す